TV会議とは?ビデオ会議との違いや導入方法を解説

働き方を効率化したり、さまざまな業務への対応力を強化する自社に合ったツールを使用しながら、うまく活用することが求められています。
いろいろな会議ツールがあり、TV会議やビデオ会議、Web会議や電話会議などがあります。TV会議システムを導入すると、遠隔地とミーティングすることができ便利なツールです。

高いセキュリティを誇ります

TV会議とはMCU(MultipointControlUnit)の仕組みを利用し、多地点の信号を中継しながらミーティングすることができるシステムです。接続している拠点間において、音声や映像といったいろいろなデータのやり取りを行うことができ、会議システムは多くの企業において普及されています。
TV会議システムを利用するためには、マイクやカメラなど専門的な機材を導入しなければいけません。少人数のミーティングはもちろん、グループ対グループなどの大きな会議にも利用することができるでしょう。
TV会議システムを導入する際、セキュリティ面について気になるという人がいますが、システムを利用する場合高品質なカメラやケーブルといった専用機材が必要になるので、セキュリティは高いと言えるでしょう。外部への情報漏洩などを気にせず、効率の良いミーティングを実現することが可能です。外部への情報漏洩などセキュリティを気にするなら、web会議よりTV会議タイプの導入をおすすめします。

音声と映像がクリアになります

ビデオ会議とはTV会議と同じく、会議室において専用機器を備えておき参加者が映像や音声によって会議を行うことが可能です。テレビジョンが遠隔地に対して映像を送る技術なら、ビデオは信号の受信や再生技術などを指す言葉です。基本的にビデオ会議とTV会議は同一のものとして扱われており、本社と支社を結ぶツールとして人気があります。
TV会議やビデオ会議にはいろいろなメリットがあり、音声と映像がクリアになっていて、通信の安定性が高いことがあげられます。臨場感が高くなるので、盛り上がりや雰囲気を伝えるのにおすすめです。
TV会議やWeb会議などいろいろな通信会議ツールがありますが、これらのツールを適切に活用することによって業務の効率化を実現することができます。本社と支社を繋いだり、日本と海外など物理的な距離をゼロにすることが可能です。意見や思考をダイレクトに伝え合うことができるので、組織の動きを活発化することができます。他社に差をつけるため、通信会議ツールを活用しているところが増えています。

システム部門と調整しながら導入します

TV会議を導入する場合、多くは社内サーバーを利用するので、導入時においてシステム部門と連携が必要です。専用機器やディスプレイなどを必要とするので、導入コストは比較的高いでしょう。
TV会議やビデオ会議の他にweb会議があります。web会議とはインターネットを活用したツールで、専用ソフトウェアが必要ありません。ブラウザで立ち上げられるものがあり、社内での事前調整の負担などを軽減することが可能です。サーバーは外部サーバーを利用するものが多く、設定が不要なケースがほとんどです。いろいろな通信会議ツールがありますが、相互にメリットを組み合わせ複合的に利用する方法もあります。
TV会議(ビデオ会議)とweb会議を組み合わせたものがあり、カメラやマイクが付いた専用端末を使用するので、映像や音声がかなり安定します。クラウドタイプはサーバーや専用回線が不要で、運用管理がしやすく管理者の負担が少ないでしょう。TV会議(ビデオ会議)と電話会議の複合ツールの場合、会議中高性能のマイクとして使うことができたり、クリアな音声を体験することができます。

TV会議とはコミュニケーションツールで、他にもビデオ会議やweb会議システムなどがあります。ビデオ会議とはTV会議と同じく、音声や画像を利用することが可能です。会社の実情に合わせて選択することができ、メーカーやシステム部門と調整しながら導入していきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です